Enjoy every moment in Namibia

青年海外協力隊として、ナミビアで活動する約1年9か月

安対だよ!全員集合(1名欠席)

はてさて、安全対策協議会も無事に終わりました。

最近は首都での軽犯罪が増えてきているようで、関係者の人も被害にあったりしています。怖いなぁとちょっぴり思って来たものの、来てみると前と変わりません。ですが、前よりも後ろをよく振り返るようになったり、常に携帯パスポートお金は洋服の下に入れたり、用心度は上げました。犯罪にあうと、その国のことやその国の人のことを好きでなくなってしまうと嫌なので、防げるものは防いでいきたいと思います。

しかし会をしていて、ナミビアは比較的本当に安全で、過ごしやすい国だなぁと思います。特にブンヤなんて安全すぎる。安全についてのグループディスカッションもしましたが、ブンヤは安全すぎて何も話ができません。なんて言ってないで、油断禁物です。

f:id:fuca-0211:20171213204015j:image

今日は昼までの会でしたが、朝ごはんも休憩のクッキーも昼ごはんも飲み物もぜーんぶ用意されていて、幸せ。ナミビアのJICA事務所の前の、レモンツリーというおしゃれなレストランの会議室で会が行われました。

ナミビアに来た初日、夕飯をここで食べましたが、オシャレすぎてアフリカに来た気がしなかった思い出のレストランです。

初めはあまりの自分のイメージとのギャップに、ナミビアに対して文句ばかり言っていた首都研修でしたが、自分の固定観念に気付かせてくれたこのナミビアのギャップが最近は気に入っています。首都と村のギャップも♪

 

午後は、健康管理員さんとの面談。基本南アフリカにみえる健康管理員さんなので、今回初めてお会いしました。太ももの内側の湿疹について相談。病院に行っていいレベルと言われて、行こうかと思いましたが、この後ゴンドワナカードを作りにいきたいのと、病院に行ってからの書類作成がめんどくさく、とりあえず一旦置いておく。あまりにひどくなったら旅行の合間に首都に来る際に行こう。

 

ゴンドワナカード作れました!ゴンドワナグループはナミビアのリッチなホテルで、各地にすてきなホテルがあります。今私たちはナミビアに住んでいるので、カードを作れて、カードがあれば半額で泊まれます。楽しみ!

 

夕飯は大使公邸で、懇親会です。

米ー!刺身ー!たくあんー!高菜ー!味噌汁ー!こんにゃくー!

うまいっ!

そして、日本酒ー!!しかも獺祭!!

飲みやすくてたくさん飲んでしまいました。

ひさびさに事務所の方々にも会えて、美味しいものを食べて、カプリビアンドレスもほめてもらえて、幸せな1日。

f:id:fuca-0211:20171213205215j:image

なかま

ウィントフックのゲストハウス、Space bona backpackers にて目覚め。

ナミビアに来て始めの1ヶ月間、寝泊まりしていた宿なので、今回は前と違ってドミトリータイプの部屋なものの、懐かしくて嬉しい気分になります。

昨晩体調を崩していた隊員さんがいて、夜に病院まで付き添いましたが、今日は体調が戻っていてよかった。

今まで会えていなかった隊員が1人みえるたのですが、今日やっとお会いできて、コンプリート!

以前までは新隊員が来るごとに行われていた総会で、ナミビアに全隊員が顔を合わせることができましたが、予算や職場を空けてしまうことなどの関係で、私たちの隊次からなくなり、他の隊員さんとお会いできる機会がなかなかありませんでした。

なので、今回の会は1年に1度のもの。そのためにナミビア各地から隊員が首都のこの宿に集まってきています。

久々に会う同期も続々と到着。焼けていたり、痩せていたり、少しずつ変化はありますが、みんな元気そうで安心しました。やっぱり訓練所から首都研修まで共に過ごして、同じ時をナミビアで過ごす同期に会えるのは、とても嬉しいです。同じ時を過ごしている分、感じていることも似ていたり、逆に違うことを感じていて刺激をもらったり。たくさん話せた1日でした。

今日はグローブモールというウィントフックで1番大きなショッピングモールへ。明後日から出かける登山のための靴やグッズを買いに行きました。値段は普通に高いものの、本当に何でも手に入るナミビアです。

ナミビアに来たばかりの首都研修の頃は、またナミビアを日本と比べていて、グローブモールにいても、なんだかなぁいまいちかなぁと思う服や物が多く、あまり目を引かれませんでしたが、今回行ってみたら、あらびっくり、目につくもの全てが洗練されています。こんな物、ブンヤの村はもちろんルンドゥにもないよなぁ、あれもこれもおしゃれでかわいい!と思うようになっていました。特に買わなくても、見ているだけで楽しい。感覚が4ヶ月前とは明らかに変わっているんだなぁと感じます。当たり前にあったものが、当たり前ではなくなっているのかな。そんな変化が面白いです。

買い物をすませ、一緒に回っていた隊員5人で並んで映画を観ました。このグローブモールにはピカピカの映画館があります。シアターも複数しっかりあります。Daddy’s home2 という映画を観ましたが、アットホームでほっこりするコメディでした。大人が5人で並んで映画を観るなんてなかなかないので、楽しかったなぁ。映画館は日本と同じで冷房が効きすぎていて寒かった!

映画館に入る前のカルチャーショック。

日本で映画を観る時、ダメなのはわかっていてもこっそり食べ物や飲み物を買って持ち込むこと、ありませんか?サンドイッチとか、コーヒーとか。お昼食べてると映画に遅れるから、買ってきて持ち込もう、日本でもするんだからナミビアなら大丈夫でしょ!とタカをくくっていました。いや、だめでしょ!という隊員もいたんですが。そうしたら、ビニール袋から透けている食べ物や飲み物で、はい、アウト!でした。ご飯は急いで映画館前で食べ、飲み物は預ける。日本並みに?日本より?厳しい厳戒体制に、驚き!

映画の後はまたまったりして、宿に戻って、同期とひたすら喋る。癒やし。

夕飯は、ステレンボッシュという、日本大使館横のおしゃれなレストランへ。2回目です。

ブンヤの先輩隊員さんが好きだったという、牛フィレ肉のレアを頼みました。

うんまい〜!!シフクノトキ!

f:id:fuca-0211:20171212080618j:image

デザートも、最高でした。

f:id:fuca-0211:20171212080630j:image

 クレームブリュレ

明日もいっぱいみんなと話して全力で 楽しむ♪ 

 

厳しい過去は人を強く優しくするらしい

6時にはゲンダさん宅を出て、コンビ乗り場にて、ルンドゥへ向かう車を待ちます。ゲンダさんがあちこち話をして、なんとかルンドゥ行きコンビをゲットしました。

車を待っている間に、ゲンダさんが紹介してくれた、ゲンダさんの1人の”ママ”であるという女性。ゲンダさんを自分の子どものように扱って、学費も払ってくれていたんだよ、と教えてくれました。そこから、ゲンダさんの昔の話になり、とても貧しい村の家庭で生まれたということがわかりました。学生の間、12年生になるまで、靴はなく、制服も買えない。3日間何も食べないこともあったそう。自分が家族の中で初めてグレード12を修了し、初めて大学に行き、初めて車を買い、初めて家を建てたんだよ、と。でもそんな子どもの頃の貧しい状況があったからこそ、貧しい子どものことが理解できるから、感謝しているよとのことでした。

自分は日本に生まれて、本当に恵まれて育ってきて、ブンヤの子はもちろん、日本の子でも、貧しかったり厳しい状況にある子のことを理解してあげられていないだろうなぁと。せめて理解しようといろいろ話を聞いたり、家を訪ねてみたり、想像したりしたいなぁと感じました。ゲンダさんの大きな懐は、こういうところにルーツがあるのかなぁなんて思ったのであります。

さて、ルンドゥへ500キロをまた帰ります。途中何度も検問のようなところで、パスポートを見せました。

そして、パンク!

f:id:fuca-0211:20171211080707j:image 

青空の下、何もなく、鳥の声だけがする状況で、タイヤチェンジ。トイレもないので、その辺で用を足します♪ スペアのタイヤがあって良かった!

 

無事にルンドゥに着き、飛行機までの時間をルンドゥ空港で待ちます。何もないとは聞いていたものの、本当に何もなかった。ろくに待合室すらなく、外に並ぶ椅子でお喋りしながらひたすら待ちます。幸い日陰。

そして、ルンドゥから首都ウィントフックへ約1時間のフライト✈️

コンビだと6,7時間かかるので、本当に楽です。

久しぶりの首都!約4ヶ月ぶり!懐かしい風景と美味しいものが食べれる!というわくわくにテンションが上がってしまいます。

もう他の隊員さんたちも集まり始めていたので、数人で夕飯はポルトガル料理のお店へ。初めて来ましたが、ここでは生牡蠣が食べられます。

f:id:fuca-0211:20171211082227j:image

うんまいー!

久々の首都、美味しいものをたくさん食べて、他の隊員さんたちともたくさん喋って充電したいと思います。

学ぶこと多きカウンターパートと出会えた幸せ

カティマムリロ2日目♪

明日の朝には、JICAでの安全対策協議会参加のための飛行機にルンドゥから乗るべくカティマを出ないといけないので、実質最後の日です。弾丸旅。

まずは朝から私の念願のカプリビアンドレスを作るべく、ママゲンダさん(ゲンダさんの奥さん)おすすめの仕立て屋さんへ。カプリビというのは、ナミビアなら特異な形のぴゅーっと横に伸びている地域のこと。カプリビアンドレスは、後ろの裾が長くなっていて、孔雀のような感じのドレスだよ!と聞いていて、ぜひとも作りたかったのです。柄と形がマッチするものがなかったので、市場で布を買ってお店に持ち込むことに。

というのとで、市場へ。

ルンドゥよりもアフリカを感じるすてきな市場でした。なんでかな?とゲンダさんに聞くと、カティマでは昔ながらの文化を守り続けているからだよ、と教えてくれました。写真を撮るのがなかなかはばかられて、あんまりアフリカを感じさせる写真が撮れませんでしたが。

f:id:fuca-0211:20171210060010j:image

ルンドゥで売っているムテテと似たようなものが売っていてもムテテとは違う野菜だったり、ルンドゥでは見たことのない野菜も売ってたり、地域による差があって面白いです。ルンドゥよりアフリカっぽくて面白そう、と思う反面、ルンドゥをホームと感じるからこそそう思うんだろうなぁとも思います。ルンドゥはカティマムリロより大きな町と実感。

布ゲット♪

その後、カティマムリロクラフトセンターへ。木で作られたお皿や、草で編まれたカゴなど、たくさんすてきな伝統的な商品が置いてありました。

f:id:fuca-0211:20171210060743j:image

お次は、ザンビアとの国境へ!

f:id:fuca-0211:20171210060849j:image

この川はザンベジ川といって、アフリカで3番目に長い川だそう。このザンベジ川が、ナミビアザンビアの国境となっています。橋の向こうが、ザンビア

川を眺めた帰り、おもむろに石を拾い出すゲンダさん。石集めが趣味だそう。確かにすてきな石を拾ってて、おうちにもコレクションが。ナミビアでは水晶がたくさんとれるし拾えるらしいので、私も集めたくなりました。

仕立て屋さんに布を預け、おうちでお昼ご飯。

f:id:fuca-0211:20171210061255j:image

娘さんの作ってくれた美味しいご飯です。でも娘さんは赤ちゃんの面倒を見ていて、写真に写ってません。明日は写真撮ろう!

今回はンタラの先輩は他の旅行で来れず、ルパラの隊員さんも一緒にお邪魔しました。

その後、外でマンゴーを食べたり、部屋でテレビを見たりまったりして、ゲンダさんとたくさんお話できました。

ゲンダさんが、理科を生活と結びつけて教えたいんだ!とか、算数と理科の授業を楽しくして学校に来るのを楽しくしたいんだ!とか、他の人を笑顔にすることでぼくは幸せになれるんだよ〜とか、とにかくたくさんのことをはなしてくださって、ひとつひとつがとっても勉強になりました。もっと頑張らなきゃな、頑張りたいな、というモチベーションに。学べることが多すぎる、本当にありがたいカウンターパートさんです。

話に夢中になっていて、取りに行き忘れていた仕立て屋さんに急いで行く。出来上がったカプリビアンドレス。着てみたら最高でした!またどこかでお披露目します。すごく質もよくて、お揃いの柄のミニバックも付けてもらって、300ナミビアドル。2400円くらい。やっすい!これはまたお土産用にもお願いしたいです。こういうのは地元の人に聞くのが一番ですね。お揃いの柄の肩掛けバッグもゲット。60ドルなので、480円くらいです。お気に入りのドレスが作れて、一気にテンション上がりました。

夕飯はママゲンダさんのこれまたおいしいお料理。

f:id:fuca-0211:20171210062403j:image

似ているようで、少しずつカバンゴ地域とは違う。パップがひとつひとつ分かれて取りやすくなっていたり、伝統的なオクラが使われていたり、手を洗う方法もカバンゴとは違います。おもしろいな〜。

大満足の1日でした。人や文化を知るのはやっぱりおもしろい!カウンターパートのゲンダさんとこんなにゆっくり話せたのは初めてくらいなので、嬉しい日でした。

f:id:fuca-0211:20171210062709j:image

マンゴーをむさぼる、ウィスダムくん。懐いてくれて、かわいすぎました。

初のロングホリデーが始まった♪

本日から始まったナミビアで初の長いホリデー!8月のは短かったので。

1ヶ月のホリデーです♪

始まりは、カウンターパートのゲンダさんによるカティマムリロへのお招き!

カティマムリロとは、ナミビア

f:id:fuca-0211:20171210053729p:image

ここ!ナミビアの特異な形の真っ只中にあります。ザンビアジンバブエボツワナアンゴラの4つの外国に密接する、世界の中でもかなり珍しい場所。

そこでお生まれになったカウンターパートのゲンダさんが、僕たちがどこで生まれたかを知るためにおいでよ♪といってくださり、カティマ旅行が決まったのです。

早朝にゲンダさんが迎えに来てくれ、ブンヤから東へひたすら走ること、500キロ。道がとてもきれいなので、快適で居眠りをしながらの道中。

ゲンダさんは車を2台お持ちなので、私はママゲンダさんの方の車に乗っていました。ゲンダさんの末っ子さんと、初孫のウィスダムくんも一緒!私の甥っ子と同じくらいの年なので、かわいくてたまりません。

途中休憩もしながら、7時間ほどで到着。ゲンダさんもママゲンダさんも、長距離運転に慣れてみえて、そこまで疲れた様子もないので、すごいです。

カティマムリロは、乾いたブンヤとは違い、雨がナミビアの中でも最も多く降る地域のひとつ。緑がたくさんあります。今日もかなり激しめの雨が降っていて、夕飯時は停電でした。

カティマムリロに来たら、1日に1つは食べなければならないと法律で決まっているもの、それは、

 マンゴー!!!

法律で決まっているというのはゲンダさんのジョークですが、ゲンダさんの家にはもちろん、そこら中の家に、マンゴー、マンゴー、マンゴーの木!

そして、マンゴーの実!!

f:id:fuca-0211:20171210054716j:image

ゲンダさんのお宅のマンゴーもたわわに実ってきております。もう少しするとベストな食べどきだそう!

 f:id:fuca-0211:20171210054418j:image

なので、今日はマーケットに買いに行きました。ルンドゥで買うよりも立派で大きなマンゴーが、わずか2ナミビアドル。16円くらい。やっすー!

そして、帰って、いただく。うっまー!あっまー!!しあわせー!!

 

もう一つ今日驚いたことは、日本でいう高3くらいである12年生のグレイスさんというゲンダさんの末娘さんが、本当によく働きます。甥っ子の面倒から、家の掃除から、私たちのベッドの準備やら、料理やら、全てをこなす。それも当たり前のように。

ナミビアの子どもは本当によく働きますね、とゲンダさんに言ったら、ナミビアでは子どもが大人になる練習をするためによく働く文化なんだよ、と教えてくれました。素晴らしき。

すてきなホリデー初日♪

通知表を開くのは、日本でもナミビアでもドキドキの瞬間

本日はブンヤの今年1年の最終日!

本当は明日までなんですが、校長先生の意向で、明日はもうみんな旅行に行け!とのことで、今日で終わりになります。でないと、土曜から旅行に行っていては道が混むらしい。

ということで、今日はレポートカットと言われる、いわゆる通知表を担任の先生が子どもに渡して、おしまいです。

1枚1枚封筒に入れて、のりづけもしてあるレポートカット。

日本と違うのは、そこに各教科の成績だけでなく、進級か、Non進級か、が書いてあるかどうかです。

知っている子に、どうだった?と聞きましたが、けっこうな子がまだ見ていない、と答えてました。ドキドキするんですよね。家で開けるという子も。

f:id:fuca-0211:20171209040702j:image

ムコヤ、どうだった?!ムコヤは進級でしょう?!と聞いて、まだ開けてない…というムコヤくんと一緒におそるおそる見たら、

進級〜!そりゃそうよ。

でも、どうだった?と聞いて、進級でない子も、少なからず、というか全然少なくなくいるわけで。むしろ多い。しかも4年生。理科は落第点なのは3人程度でしたが、他の教科でだめならだめです。特に英語が苦手な4年生。半分ほどが進級できない状況です。来年もみんなで一緒に勉強したかったのに…。進級できなかった子とも他の先生と協力していく中で、関わっていけるといいな。

ということで、今年の全てが終わりました!

午後はお疲れ様パーティーです!

ルンドゥ近くの川沿いのサムシトゥロッジというところで、料理を作って、パーティー。

f:id:fuca-0211:20171209041624j:image

ちょっとだけお手伝い。

f:id:fuca-0211:20171209041731j:image

こういう場でも完全に素の自分でいられて、自分の居場所と感じます。つくづくすてきな学校に来れたなぁと思えます。

f:id:fuca-0211:20171209041754j:image

珍しい飼い犬のようなわんこ!きゅーと!

明日から旅行なので、ゲンダさんに乗せてもらって早めにおいとま。また新年ね〜!

f:id:fuca-0211:20171209041942j:image

早めに帰りたい人はけっこうたくさんいまして、ゲンダさんの大きな車の大きなトランクに、7人ぎゅんぎゅんで乗って帰りました。ワイルド。

f:id:fuca-0211:20171209042039j:image

そして、きれいな虹🌈

いいことあるといいな〜♪

虫の襲来

学期末の処理がバタバタバタバタと続いています。その中、私は黙々と自分のことをやっています。新学期に向けて、とか、ボランティアとしての諸手続きとか、自分のやりたいことはそれなりにあって(大したことないけど)、でも、担任をもっていない、持ち教科も少なめな私は、暇そうに見えるらしい。そして、様々、先生方が細々作業を頼んでくださいます。やれることはやります。でも、ボランティアは暇な雑用係ではないです。ボランティアはプラスアルファで何かできることをする存在でありたいな〜と。自分の仕事は自分でやろう?と思ってしまいます。しかし、私も散々日本で他の先生方に助けてもらってきたので、私ができることがあるならするべきか、と今、書きながら思います。教員不足という理由もあって派遣されているし。でも、その時はそんなこと思ってなかったので、”今めちゃくちゃ忙しい?”と、控えめに仕事を頼みたそうにしている先生に、”うん”と答えてしまっていた自分です。せっかく暖かく迎えてもらっているので、やれることはやっぱやろう。でも私も仕事早くないので、自分のペースはなるべく崩したくないのです。

さて、にしても、今日は新学期の初めの授業の準備を!と思っていたものの、準備をするには、シラバスだけでなく教科書も確認しないといまいち内容がわからない。けれども、教科書は今年その学年を教えていた先生がまだお持ちなので、その先生からもらってこようかなぁと思いつつ、先生方、本当に忙しそうなので言い出せない雰囲気。

よって、新年度からやろうと思っている九九表を作ったりしておりました。

午後はルンドゥの病院に塗り薬を取りに行こうと思っていたら、Ms.ソヴィーが11時ごろに今からルンドゥに行くと言っていたので、ゲンダさんに事情を話して私も早く抜けてルンドゥへ。

ルンドゥクリニックにきのうのカードを持って行って、軟膏をもらいました。これも無料。すばらしい。

せっかく来たので、オマシャレロッジでまたネットを使いました。ミスチルのアルバムもダウンロード♪

ちょっと遅くなってしまった帰り道。

f:id:fuca-0211:20171209034716j:image

車のガラスに何かがぶちぶち当たって来ます。

虫!!!

それも大量の。最近降っている雨のせいだそう。

f:id:fuca-0211:20171209035008j:image

写真だとわかりにくいですが、とにかくそんなに小さくもない虫が、ぶんぶん大量飛び回っています。

それが、車のフロントガラスにあたって、どんどん死んでいく…

それを運転手さんがワイパーで綺麗にしようとして、

f:id:fuca-0211:20171209035125j:image

そりゃあそうなる。ざざーっと広がって前見えません。

ミスったー!と、運転手さん。

降りて、水と布できれいにしてました。

噂に聞いていた、虫の季節です。