Enjoy every moment in Namibia

青年海外協力隊として、ナミビアで活動する約1年9か月

ウサコスさんぽ

スピッツコップのテントで目覚めましたが、どでかいライオンやらレオパードやらがテントに来る夢を見て、しかもトイレにも行きたいけど外に出るのが怖く、あまりすっきりしない目覚めでした。

大雨強風でテントが吹っ飛ばされやしないかと心配でしたが、とりあえず夜8時ごろからたっぷり寝られました。

朝は晴れていてよかった。

f:id:fuca-0211:20180520140326j:image

帽子をかぶったスピッツコップ。

晴れても寒すぎて早々に撤収。大変でしたが、大変な夜をスピッツコップで共に過ごすのもまた思い出。

 

朝には同期隊員任地のウサコスに戻り、濡れたテントや寝袋を干したり、洗濯物をしたり、のんびり過ごしました。

その後、ウサコスさんぽ!

雨季には緑の増える北部と違い、雨季を終えた今でも緑が少なく、暑くてカラカラというイメージのウサコス。

風は強いので、今日は歩いていても涼しくちょうどよかったです。

同期の働く学校にお邪魔!

f:id:fuca-0211:20180520140901j:image

きれいにしてある学校!

ウサコスの中でも外れにあるとは言っても、町の学校はなんだかすごいな〜と思いました。

教室の中は村より殺風景でしたが、

f:id:fuca-0211:20180520141120j:image

日本みたいな遊具もあったり。

同期はパソコンの授業も担当しています。

f:id:fuca-0211:20180520141046j:image

数も少なく、古い型のパソコンで指導をするのは、大変だろうなぁと思いました。

f:id:fuca-0211:20180520141203j:image

日本からの支援で建てられた校舎には、ありがとうの文字が!

ブンヤの理科下と図書室も日本からの支援で建てられたのですが、こういうペイントをしたらもっと日本を知ってもらえるのにな〜。

その後はロケーションの中をてくてく歩いて帰りました。

ナミビアの町は、どこでもタウンとロケーションに分かれていて、タウンにはお店や富裕層の家があり、ロケーションには比較的収入の少ない人たちの家があります。なので、ロケーションにはトタン屋根で作ったおうちもたくさんあります。タウンとロケーションは一定の距離を置いて作られています。

ウサコスもロケーションがかなりタウンから離れていて、ロケーションが広いなぁという印象でした。

失業率60パーセントというウサコスの町。ブンヤの村だと、みんな農業をしたり牧畜をしたりで、なんとか自給自足ができると思うのですが、ウサコスはカラカラなので農業も牧畜もできません。みんなどうやって生計を立てているのか疑問に思いました。

それはどこの町でも起こっている問題なのかもしれませんが。

 

夜は同期3人で夕飯を食べに行き、9時半には就寝。ホリデーもおおづめです。

劇悪天候!in スピッツコップ

スワコップムンドでのワークショップが終わり、今日はこのホリデー最後の旅行へ向かうべく、移動!

f:id:fuca-0211:20180519191522p:image

スワコップムンドから同期隊員の任地ウサコス、そこからドライバーさんにお願いしてでこぼこ道を行ったら、到着、スピッツコップ!!

が、しかーし!

悪!天!候!

 

ものすごい雲、ふきつける風、肝心のスピッツコップも隠されてしまう、、

雨女をまたしても発揮してしまいました。

 

めげずにテントをはって、スピッツコップ観光♪

スピッツコップは、尖った頭という意味だそうで、珍しい形の岩山がにょきっとそびえております。

f:id:fuca-0211:20180519184457j:image

ドライバーさんの説明によると、氷河期終わった後に急激に暖かくなった際、地面がもりもりっとこのように盛り上がったんだとか、、私の乏しい理科の知識と英語力なので全く定かではありません。

f:id:fuca-0211:20180519185355j:image

Rock bridge. 自然にできたアーチ状にあいた穴。

f:id:fuca-0211:20180519185538j:image

昔はこの岩山の辺りにもブッシュマン(サン族)の方達が住んでいたらしく、2000年以上前の壁画が残されていました。

日が当たらず雨にも当たらない石壁のところの壁画がきれいに残っていました。

これはなんでしょう??

f:id:fuca-0211:20180519185915j:image

 

正解は、、、

 

 

サイです!🦏

たしかにサイとはっきりわかる🦏

サイは危険だよ、とか、ライオンは危険だよ、とか、ヘビは危険だよ、ということを、壁画を通して他のグループの人たちに伝えていたんだそうな、、(大島訳)

 

それにしても、寒い❄️❄️

スピッツコップの辺りはただでさえ朝晩は冷えるらしいのですが、この天候で激さむ!

疲れもあるし、さっさと食べて寝よう!と、バーベキュー。

f:id:fuca-0211:20180519190234j:image

ナスが1番うまい。何もつけなくてもうまい。

今日嬉しかったのは、ドライバーさんといろいろと話せたこと。

このドライバーさんは、現在62歳。

ナミビアがドイツの植民地で、ダイアモンド全盛期だった時代に、おじいさんおばあさんがドイツから移住されてきたそうで、なので白人の方です。

若い頃はまだ兵役があって、そのまま軍隊に残らされ、そのまま独立戦争に参加せざるを得なくなってそうです。

ということは、独立戦争に勝って、今の政権を率いているSWAPOに対して戦っていたということ。

戦っていた時はSWAPOが嫌いだったの?

と聞いたら、

そう洗脳されていたんだ、スワポは共産主義だから殺さないといけないと言われていた、戦争が終わってスワポの話を聞いてみたら全然違った、今はスワポは友達だしナミビアに住む人みんながナミビア人だよ、

と話してくれました。

でも、戦争が終わっても、自分のように態度を変えなかった人がたくさんいて残念だった(黒人は黒人と決めつけて話を聞かない、など)と話してくれました。

黒人側(SWAPO応援側)の立場から戦争に関する話を聞いたことはありましたが、白人さん(対する南アフリカ側)から、しかも実際に戦争を戦っていた方からお話を聞けたのは初めてだったので、とてもいい経験でした。

終わってみたらみんな友達なんだから、戦争ほど馬鹿らしいものはない、とおっしゃってました。アルフレッドさん。

独立してまだ28年なのに、今これだけの平和を築けているナミビアはすごい🇳🇦と改めて感じましたん。🕊

ボランティア初参加のワークショップ無事に終わったの巻

ワークショップ最終日!

今日は午前中のみで、我々の発表もないので、とても気楽でした。

分数兄弟と失礼にも我々が呼んでいるオランダの先生方は、四則演算の様々な方法についての講義をしてくださいました。

68-29=68-30+1=38+1=39

というように、工夫して計算を簡単にする様々な方法を紹介していました。

日本でも計算のくふうなどの単元で学習したはずで、ブンヤの子たちにも教えたら計算が楽にできるはずなんですが、今の彼らにこのような数の足し引きで数同士を調整するという概念は難しいだろうなぁ、、しかし自分で問題を解いているぶんにはおもしろく、問題を解く楽しさや分かる嬉しさを感じました。これを子どもたちにも感じさせてあげたい!

そして、わからなくなったら隊員同士で聞き合う。これも子どもたちにやってほしい。学び合う姿勢、言葉では簡単なんだけど、、次タームもまたトライしてみよう!

今日も何人かの先生に、我々ボランティアの発表についてお褒めの言葉をいただき、これからも教え方や教材について聞きたいから連絡先を教えてほしいなどの声をいただきました。その中でも首都にみえる先生方とは、私たちが帰国する前に首都に滞在する1週間を使って、学校訪問したり反対にJICAに来てもらって私たちの発表に参加してもらったりしようね、という約束を、JICAのムンダを通してすることができました。今回のワークショップに参加させてくれたのもムンダだし、我々をいかに他の先生方とつないでインパクトを残すかということに非常に長けているムンダに大変感謝againです。

今回出会ったナミビアの算数の先生方、教育省の方、ナミビア大学の先生方など、できたつながりを大切にしていきたいと思います。

閉会の際には、教授陣とともにJICA隊員たちも前に呼んでもらい、お礼のポロシャツなどまでもらうという、身に余るもてなし。

楽しかった〜。

想像してた何倍も楽しかった、算数ワークショップ!とっってもいい経験になりました。

f:id:fuca-0211:20180518062609j:image

ティータイムに、地面に書いた数字を使ってゲームをする先生たち。平和だなぁ。

 

午後は、このおしゃれすぎる町スワコップムンドにおいて、服飾を教えている隊員さんの職場であるNGOにお邪魔しました。専門学校的な場所。

でも、さすがスワコップ。

学校も究極におしゃれでした。

f:id:fuca-0211:20180518062904j:image

生徒さんたちが作った子ども服、かわいかった。

f:id:fuca-0211:20180518062736j:image

囚人の方のリハビリプログラムも受け入れているそうで、囚人の方も革製品を作る練習をしてみえました。

 

夜はみんなで最後の夕食。大好きな中華をリピート。

充実感のある食事とビールとなりました。

何でもやってみたら学べること多し!

ワークショップ3日目。

きのうの模擬授業のおかげで、名前を覚えてくださった先生がとても多くて、オシマ!Good morning!と声を掛けてくれる方がたくさんいました。嬉しい限りです。

今日も16時までは参加側。

私の英語力の問題や、相手のプレゼン力の問題もあり、ちょっとよくわからない、、というワークショップもありましたが、面白い!と感じるものも。

ナミビア大学の先生は、とにかくteaching aids (教材、教具)が大切!と、日本でもよく見る教材を使い方も交えて紹介していました。

f:id:fuca-0211:20180517042505j:image

この先生の講義で、きのう初めて知ったのが、3×2が、ナミビアでは、

3セットの2

(2錠を1日3回飲む、みたいな)を意味するということ!

日本では、3×2は

3が2つ分

(3錠を1日2回、みたいな)

と考えますが、英語の文法的に、日本とは違う理解になるらしい!

知らなんだ、、、

知らずに掛け算教えてた、、

でもここで学べたのでよかった!!

英語で教える、ナミビアで教える、ということは、やはり日本と違う部分があるので、それをより理解するためにもこのワークショップへの参加は意義あることだと感じました。

 

ティータイムはチョコレートブラウニーが出ました♡

 

その後は、我々JICAボランティアの活動紹介。

こんなことしてますよ、我々。というのを1人ずつ発表させていただきました。

f:id:fuca-0211:20180518051514j:image

今まで使ってきた教材とその使い方を紹介したり、

f:id:fuca-0211:20180518051527j:image

ジェスチャーで角度の名前を覚える方法を実際にやってみたり。

画期的な教え方を知っているわけでも思いつけるわけでもない私は、ブンヤ先輩隊員やンタラ先輩隊員のいいな〜!と思った教え方を、存分にフル活用して発表させていただきました。

自分で思いつけなくても、それを引き継いでナミビアのより多くの先生に伝えていくことは大切!!と考えております。

 

我々の発表、終わったー!!

おいしいビールを、隊員たち&我々を今回のワークショップにけっこう強引に連れてきてくれたJICAのムンダと共に飲んで、しあわせ気分で寝られる本日です。

Very fruitful day!!!

算数ワークショップ2日目。

午前中は3つのワークショップに参加しました。ナミビア大学の教授や、外国の教授が講師を務めてみえます。

足し算引き算のいろいろなやり方につきての講義がありました。そこで否定されていたのが、筆算!いかに暗算で、いかに式のみで解くか、いろいろな方法を考えつくか、ということをやっていて、たしかに面白く、先生たちも白熱していました。でも、私はブンヤでとにかくすぐに計算ができなければ即筆算をするようにいつも言っています。さもなくば、子どもたちは◯や棒を使って計算をするので、まちがえやすくなるからです。今のブンヤの子たち、おそらく村や都心部でない地域で学んでいる子たちには、この講義で言われていることは難しすぎるのではないかと思ってしまいました。無理に暗算や式のみで答えようとすると、また頭の中がこんがらがったり、間違えやすくなったりするので、とにかく今は筆算を使って正しい答えを出してほしい!でも筆算の意味を正しく理解することは大切だと改めて確認することができました。

ちょっと、この算数ワークショップの内容と、現場の子どもたちの現状の、ギャップが大きいなぁと感じた2日目。

 

しかし、2日目はそれだけでなく、私たちJICAボランティアの模擬授業ワークショップを行いました。

3人のボランティアで30分程度ずつ、模擬授業をしました。

私は、Measurenent という単元で出てくる単位についての授業をしました。

f:id:fuca-0211:20180517040924j:image

現地語であいさつしたり、

OSHIMAというオバンボ族のような名前を紹介したり、

様々な単位を思い出させる中で、代表的なナミビアビールTAFELの容量について聞いたり、

ナミビア人心をくすぐっていったら、反応がよくて、授業もやりやすかったです。

1mmの線を引いた紙,1cmの線を引いた紙, 1mのひも、1gになるように切ったトイレットペーパーの芯、1kgかつ1Lの水のペットボトル,1mlの水を入れたペットボトルのキャップ、を使って、それぞれの単位量をグループごとに確認。

その後、私がTake...1m!! と言って、カルタゲームみたいな容量で早いもん勝ちでとるゲームをしました。

f:id:fuca-0211:20180516171830j:image

大盛り上がり!さすが先生たち、ノリも良くて、やっているこっちも楽しかったです。

その後は、1gと1kg, 1mlと1Lを実際に持ち比べてもらい、1kg=1000g, 1L=1000mlということを確認しました。

そして、少し練習問題。4L=?mlなどの問題を少し出して、全てあっていた先生にはハナマルをあげました。

f:id:fuca-0211:20180516150601j:image

ハナマルにも子どものように喜んでくれる先生方。

今回の授業のポイントは、

✴︎現地の先生でも簡単に手に入る材料で単位を実感できる教材を実際に使う

✴︎楽しく学ぶ

のつもりで臨みました。

算数の授業として改善すべきポイントはたくさんあると思いますが、本当に楽しくて、やってよかったと思える模擬授業になりました。

ナミビア人の喜びポイントを探りながらブンヤでやってきた成果かなぁと思いますが、それも先輩隊員から学んだたくさんのポイントを真似してのことなので、再度ブンヤ先輩隊員に感謝して、自分の成長を少し感じることのできる素敵な日になりました。

ナミビアの先生方がやる気をもって算数の指導に当たってみえることに私も力をもらったし、私の授業からも何かを得てもらえたらいいなぁと思います。

f:id:fuca-0211:20180516172648j:image

みなさん熱心に聞いてくださいました!

JICAボランティアの存在、知って知って

算数ワークショップinスワコップムンドが今日から始まりました。

思ったよりもたくさんの先生たちが来ていてびっくり。会場も満杯です。

会場はナミブハイスクールという高校。おしゃれで広々としていて、大学のキャンパスのよう。隊員仲間は、ホグワーツホグワーツとはしゃいでいました。

f:id:fuca-0211:20180515062630j:image

今日はオープニングセレモニーや、シラバス改訂における注意点についてのお話、身近なものをいかに教材として使うか、というようなお話を聞けました。

驚いたのは、朝夕2回のティータイム。朝はサンドイッチ、夕方はカップケーキが出て、お茶付き。もちろんランチも付いていて、至れり尽くせりでした。JICAや学校側が参加費を払っているものの、気合いが入っているワークショップだなぁという印象。

JICAやボランティアの紹介も全体の場でしていただけて、ナミビアでは数少ないJICAボランティアの、存在の宣伝に大いに役立つなぁと思いました。

私の学校もボランティアがほしい!とか、ボランティアと協力して自分の地域で研究会を開きたい!とか、そんな声がもう今日すでに聞くことができました。

ボランティアとして活動していると、自分の学校のみへの影響にとどまりがちなので、こうして全国の場に参加させてもらうのは意義あることだなぁと思いました。

f:id:fuca-0211:20180515063553j:image

教育省の大臣もみえて、お話をしていかれました。

今日は私たちはお客さんでしたが、明日は模擬授業をさせてもらいます。どうなるかしら、、でも他の先生たちと一緒によりよい授業をつくる気持ちで、楽しんできたいと思います。

ドキドキ

 

f:id:fuca-0211:20180515063715j:image

今日から宿はスワコップムンドのゴンドワナ。相変わらず全てが可愛らしい。

そして、感動!!

湯たんぽ!!

スワコップ、本当に寒いです❄️❄️❄️

算数ワークショップinスワコ始まるよ

今日は明日から始まる算数研究会に向けて、スワコップムンドに移動しました。

参加するメンバーとJICA事務所のムンダと一緒になかよく移動。

f:id:fuca-0211:20180515061954j:image

今日は受付だけすませました。

夕飯は、おしゃれなクッキーズパブで海鮮。

f:id:fuca-0211:20180515062039j:image 

どこもかしこもおしゃれすぎます。

ここは、お客さんから店員さんまでみんな白人さん。アジア人の私たちが浮いている感じにも思えました。不思議な感じです。

5日にわたるスワコップでの研究会!

ナミビア全土から算数の先生が集まります。

大体は、セッション別でワークショップを行うという感じで、私たちボランティアも模擬授業と活動発表をさせていただきます。JICAボランティアがこのようなかたちで参加するのは初めてなので、どうなるか未知ですが、とにかくスワコップでみんなと楽しむぞの巻🌀