Enjoy every moment in Namibia

青年海外協力隊として、ナミビアで活動する約1年9か月

Zora!!!

笑って!!

という意味の現地語、ルカンガリ

正確には、laughという意味合いみたいで、smile!! というにはmenya という言葉を使うみたい。でもそれを知らなかったので、笑顔を大切にしたいなぁという思いから、日本に送っているナミビア通信の題名はZora! にしました。

周りも自分も笑顔になれるように、また1週間頑張りたいです。

 

今日はまたまたまたまたという感じですが、体調が優れず、横になったり南極料理人を見たり。南極料理人を見るときは体か心が優れないときです。トンプクを飲んでだいぶ楽になりました。

このよくわからない体調不良はなんなんだろうか。2週間前にもよくわからない節々の痛みと微熱が続いて、今回は微熱と頭のくらくら。寒いし、乾燥していて、完全にウイルスやばい菌は生きやすい環境。それに加えて、日本のようにそこらじゅうに水道があるわけでなく、何かを口にする前にも手を洗わないことも多くある。家ではいつも石鹸で洗いますが、学校ではまれ。トイレで石鹸で手を洗いたくても、水がちょろちょろ〜だったり水が出ないこともしばしば。そんな感じだったらいろいろなばい菌を拾いたい放題ではあるかもしれません。

学校でも最近、体調が悪そうにしている子や、体調が悪いから帰るための許可を秘書の人に取りに来る子をよく見かけます。寒いと体調を崩しやすいのは日本と同じかもしれません。衛生状態の芳しくないこちらではなおさら。

明日からも無事に学校に行けますように。

他国の隊員にも聞いてみたら、肩こりから頭痛がするという友人もいました。お風呂の湯船に浸かれないのは、やはり日本人にとって疲れがたまりやすくなるものかもしれません。

二本松の温泉行きたいねー!

二本松の居酒屋行きたいねー!

という話を国をまたいでして、落ち着いた夜でした。

 

本日は写真ゼロデー。

f:id:fuca-0211:20180716040542j:image

少し前から飲み始めたエチオピア隊員のくれたエチオピアコーヒーがおいしすぎる件について。さすがです。

お尻に優しくない国

ナミビアはかなり良い方だと思われますが、おそらくサハラ南部アフリカ諸国や、発展途上国と呼ばれる国々は、お尻に優しくないのではないのでしょうか。

水シャワーがよくない。

水シャワーというより、水の滝行。

それも最近出ないから、水とお湯を混ぜて桶にためて水浴び。なんせ最近すんごい寒い。水浴びなんて到底できない。

トイレも日本のようにそこら中にあるわけではない。私は家や学校にいれば水洗トイレがあり、トイレットペーパーも常備していますが、村の人たちはおそらく汲み取り式トイレもしくはそこらへん?で、ペーパーも存分には使えないのでは?そんな中、お尻の穴の健康を守れるわけはないのではないかしら。まして村の人たちは、水浴びも川でしたり少ない水でしたら、決して十分に衛生的とは言えないのではないかしら。みなさんは、痔にならないのかしら。痔なんかになるのは、ひ弱な日本人だけなのかしら。

とうとう辞書で調べてしまいました。痔は英語で Hemorrhoid というそうです。

日本でも少し顔を覗かせていた私の痔が、今日になって若干の火を吹きました。多めのお湯でお湯浴びをしたらだいぶ楽になりましたが、村隊員が今度貸してくれるという座薬に期待です。

そりゃあ、日本のあれだけ完備されたトイレとお風呂状況から、アフリカの中でもかなりかなりかなり環境が良いとは言ってもそれでもアフリカであるナミビアに来て、ウォシュレットがあるわけもなく、毎日暖かい湯船に浸かれるわけはなく、痔が悪化しない方がおかしい。

ネットで対処法を調べたら、湯船にゆっくり浸かるといいと書いてあったので、大ーーーきな桶に湯をためてチビおふろのようにしていた同期隊員を真似して、大ーーーきな桶を買おうかな。ブンヤで売っているといいな。

そんな1日。

f:id:fuca-0211:20180715032025j:image

お尻に優しそうなにゅうめん。

にゅうめんと素麺とひやむぎの違いも知った日。

Take it easy でいこう!

今日こそは!と臨んだ本日。

全部うまくはいかないけれど、それでもきのうよりは楽様ことができたと思う今日。きのうよりは子どもたちも、やった!できたよ!と思えたのではないかと思う今日。そう言い聞かせる。

足し算引き算は良くても、難しいかけ算はやっぱりどこかの計算でつまずくし、割り算はもうお手上げ。理科は、小さなパソコンの動画を子どもを集めて見せようとしたら、そりゃあ押し合いへし合いにもなるでしょう。それが実態。子どもに力以上のことを期待するんじゃなくて、何ができたかを褒めたい!去年よりは、1学期よりは、確実に変わってきていると思う彼らなので、take it easy のゆったり気分で余裕をもってやっていきたいと思います。結局こちらの余裕が一番大事かも。

理科は5Bでは、空気の単元のトピックテスト。毎時間の初めに繰り返してきた、空気が主に窒素、酸素、二酸化炭素から成るということや、空気の4つの特徴などはよく答えられていました。スペルはやはり正しく書けないので、毎回きちんとフラッシュカードでスペルを見せてあげることが大切だなと改めて感じました。来週はいよいよ2学期最後の「土」の単元に入ります。去年も4年生で教えた土の単元。この単元は教材研究が大変。でも、去年の教材研究の成果で、それぞれの土がブンヤのどこにあるかはもうわかっているし、去年からそのまま取り置いてある土もあるので、少しは楽になりそうです。

しかし、問題は、去年、土の学習の最後の時間に粘土遊びをさせてしまって、カッチコチの粘土しかないということ。川で粘土も取ってきたけれど、それもカチカチ。えーと、これを、サラサラの粒状の粘土に戻すには、、、?ゲンダさんJr.に聞いたら、簡単簡単その辺のレンガで押し潰せばいいよと教えてくれました。よっしゃ、土の準備は今日中に終わらせたい、と思ったものの、これは大変になりそう。

なので、5Aの子達数人に学校が終わった後に手伝ってもらいました。お手伝いしてくれる子〜!と言ったらたくさん手があがって、4人選びましたが、彼らもこんなに大変な作業とは思っていなかったはず、、。

f:id:fuca-0211:20180715025942j:image

カチカチ粘土を新聞の上でレンガですりつぶして、それをふるいにかけて、さらに網でふるって、サラサラ粘土に!

だんだん日も当たってきて、大変ったらない!でもよーーーく頑張ってくれました。ありがとう!!!本当によく働いてくれたので、ごほうびのキラキラシール。それだけで満足して帰っていくから可愛い彼らです。

これで来週授業がなんとかなりますように!とってもふわふわさらさらの小麦粉のような粘土ができました。粘土の粒はとても小さいよということは、触ったら、一目瞭然(一触瞭然)です。

この作業で超疲れた本日。

帰ってからは、廃人のようでした。

1週間お疲れ様です!

 

f:id:fuca-0211:20180715030403j:image

朝見つけた、ロバ!!!

英語で、ドンキーといいます。

ナミビアではたくさん見かけるロバですが、ブンヤでは初めて見かけました。ブンヤにもいるのね〜ロバ。

ブンヤの動物コレクション、増える。

明日こそは、、

なーんかうまくいきません。

今日はこちらの完全な読み違い。

ブンヤっ子達が、これならこのくらいの時間で理解できて、これくらいの問題数が解けるかなというのを完全に読み違えました。

×10,×100,×1000すると、位が1つずつ上がって、÷10,÷100,÷1000すると位が1つずつ下がるという、トピック。

今思えば、何か教材を作って視覚でわかりやすくすればよかったなぁ。プリントを作ったからと大丈夫だろうと安心していました。

要するに、×10すれば小数点が右に1つ動く、他もしかり、という話なわけです。

それを、本当は小数点が動くんじゃなくて、数の位が動いているから小数点が動いているように見えるのだ、ということをわかってほしくて、位がどのように動いていくかということを確認する問題から始めました。

そもそもこれが間違いだったかも、、

それがなかなか理解できない。たとえば123.456のそれぞれの数が何を意味するかということも理解できていない。理解させられていない。4が0.4を意味することも、さっぱりぽんでした。私がやった少数のプチ研究授業、全然理解できてなかった、、。繰り返し時間をかけて理解していくことが大切なんだと思いますが、繰り返している余裕がなく、時間をかけている余裕がない。どれもこれも言い訳かー。

そんなこんなで、すぐに終えられると思った問題が全くすぐに終わらず、次の練習問題にさける時間も十分でなく、急ぎ足になり、子どもの答えを十分に見て回る時間もなく。

ほとほと自分に嫌気のさした日でした。

f:id:fuca-0211:20180713034549j:image

丸つけしてみると、0.4×10が、04.0とかになってしまうんですね。こういう数字が変だなぁという感覚がない。おそらくそれぞれのゼロが何を意味するのかもいまいちわかっていない。

こういう書き方がおかしいよ、という指導すらも十分にできていないので、もう丸にするしかないです。

 

理科はそういえば先週は凧上げ、その前は楽しい実験、とかをしていて、いい感じだったんだなぁ。子どもが動ける授業を考えないとなぁ。

 

あーあ。今日はぽろぽろぽろぽろマイナスな言葉ばかり出ます。なんなんだろうか。

 

 

f:id:fuca-0211:20180713034922j:image

帰り道に、この木の実を食べていた男の子。もらったら甘酸っぱくておいしかったので、自分でもその木を見つけてパクパク。

名前も聞いたのに忘れちゃった。。

 

明日は楽しくなるといいなー

明日は子どもの笑顔が見られるといいなー

明日はぷんすかしない

今週はなんだかうまくいかない。

ぷんすかぷんすか怒ってばかり。

先週の、信頼関係の中で怒っている感じじゃなくて、なんか私だけ空回って怒ってるみたいな感じ。

明日は気分を変えてみようと思う。

すまいる!!!

 

今日は緊急ミーティング。

なんと、明日から試験が始まるらしい。

はあああ??もうどうなっても知らんぞ

と思ったけれど、私の教える小学校高学年の理科と算数は、まだ先の日程だったので、一安心。

でも他の先生方の中には、2週間先だと思っていた試験が急遽明日!という方もみえるわけです。

校長の指示ではなく、さらに上の地域からの指示なので、それに従うそうですが、それがまかり通るんだから、アフリカだなぁと思います。。

 

今日は少数の割り算。

整数の割り算もいまいちだったので、少数の割り算がそりゃあうまくいくわけない。。

しかしそれにしてもできなーーーーい!!!

深入りはせず、先へ進みます。深入りしている時間がありません。

明日のトピックはわかりやすいから子どもたちも笑顔になれるはず!

 

理科も今日はいまいちだったので、子どもの理解もいまいち。なので、明日補足で説明できるように、午後は家で新たな実験の準備。

算数と理科という、2つの授業に集中して、これだけ教材研究をじっくりできるのは、ありがたいことです。

次の単元で使う粘土も河原からとってきた。

 

ぷんすかしていた私ですが、理科室の掃除したい、と言って来てくれた5年生女の子たち。

何もあげないよ?それでもいいの?と聞いたら、うん!と言って、天井まで掃除してくれました。うれしいねえ。

f:id:fuca-0211:20180712030826j:image

 

 

帰り道、新たな村の光景!

 

長い棒をバシンバシン振り下ろすお母さんたち。

近寄って行ったらおいでおいで〜!と言ってくださるそのおおらかさが好き。

マハングーの粒を実から振り落とすために、叩いているんだそう。

f:id:fuca-0211:20180712030548j:image

奥の長い状態の実から、手のひらの上の粒上にする。

それにしても、腰を直角に曲げて、かなりの重労働に思われる。

ご苦労様です!!!

 

f:id:fuca-0211:20180712030610j:image

本日さらにハッピーだったのは、日本で教えていた子どもからお手紙が届いたこと。年賀状を日本の家にくれていたので、ナミビアから返事を書いたら、ナミビアの住所に手紙をくれました。

元気で楽しく学校生活を送っている様子。想像して安心するとともに、嬉しいったらありませんでした。

最初から全てうまくいくわけはない

プンスカしているのは、少数のかけ算で、みんながひーひー言っているからかなぁ。

例えば、1.87×6の場合、6×7=42は九九表を見てできでも、その後の6×8=48も九九表を見てできても、48+4を間違える。そもそも九九表を見る時に間違う(2パターンも渡した九九表をなくしてる子多数)。5×0=5と計算してしまう。あってるのに、小数点を付け忘れる。

などなどなど、つまずきポイントが無限にある。でも、1学期の整数のかけ算の筆算であれだけ頑張った甲斐はあると思う!!頑張ってる、みんな!

 

今日ははじめての試みで、きのうアウシクさんと指導案を一緒に考えた授業をアウシクさんがしました。少数の単元なので、私の作った少数ブロックを使ってくれました。

私が授業の流れを考えたけれど、やはりそれはいつも私が私が考えた授業をしているからわかるのであって、アウシクさんは私の意図とは違って捉えていたり、説明の仕方が私と違ったり、時間配分がうまくいかなかったり、子どもたちを集中させれなかったり、いろいろありました。

あんまり口を出したくないけれど、私が近くにいくとアウシクさんもこれってこうだっけ?という感じで相談してくれるので、途中から、次はこうだよねと促したり、板書を少し手伝ったりしてみました。最近よくやっている、手を膝に!!!!というのも、ジェスチャーで伝える。

ブロックを使って、数の大きさを視覚で捉えると、それまでちんぷんかんぷんの様子だった子どもたちもなんとなく、わかった!!とその気になっていました。

f:id:fuca-0211:20180711042630j:image

黒板上のブロックで数を作る活動は、オレが!わたしが!の盛り上がり。

こういう盛り上がりが1度でも授業の中であると、先生も子どもも楽しいです。

アウシクさんも子どもたちもその時は笑顔になってくれてよかった!

 

今日ゲンダさんから1年次レポートが返ってきて、アドバイスとして、授業内での時間配分や板書案、指導案をどのように実際に実行するかなどを先生方に広めてほしいと言われました。日本のことを知っているナミビア人であるゲンダさんならではのアドバイス!確かに、時間の使い方と板書は授業の中でむちゃくちゃカギになるもの。私はあまり意識せずいつもやっていましたが、そこがナミビアの先生の大きな弱点ではある。そこも意識してまた楽しく協力体制を強化していきたいと思います。

 

f:id:fuca-0211:20180711043053j:image

ゆうやけ。

くさいわけ

くんくんくん。

自分のストールがくさい。

朝もなんとなくにおうなーと思っていたけれど、帰ったら明らかにくさい!!

しかも、このにおい、あれだ!!

ブンヤの子どものにおい!!

6年生<5年生<4年生の順に、においが増します。

カバンゴの子たちは、野菜を比較的パップと一緒に食べるので、においは全然しない方らしい。

それでも、におうものはにおいます。

なんの匂いかなー、ちゃんと水浴びしてないのかなーと思っていました。

でも自分からもたまにそのにおいがすることがあって、なぜだ?子どもたちといるからか?と思っていました。

今日でわかった!

においの理由は、煙だと思われる!

今日におったストールは、金曜日の夜に学校に巻いていったもので、その時に先生たちがブライをしていて盛大に煙を浴びました。

朝もその煙のにおいがしていて、帰ってきてカバンから取り出したストールはもはやいつもの子どもたちのにおいに!

煙のにおいが時間が経ってむれたりすると、このにおいになることが判明。

子どもたちの家ではいつも火を焚いてご飯を作っているので、その煙を盛大に浴びているはず。それが色々なものと反応して、いつものあのにおいになっているのじゃなー!

と、納得したのでした。

 

今日はサンブスフェスティバル明けで子どもたちもなんだか完全に以前のタラタラモードに戻ってしまっています。

これをまた戻して行くのが大変。

でも学期末も近いので気を引き締めていこう!!

何にも写真を撮らなかったので、

f:id:fuca-0211:20180710035544j:image

土曜日の理科室前の惨状。

ビール瓶が山になってます。

ここ学校です。

今日は朝会の後、学校の掃除から始まりました。

木曜日に私がしたポイ捨ての話なんて、遠い記憶の彼方です。

f:id:fuca-0211:20180710035710j:image

もう1つはミスターコンテストに出場の男子たち。

 

 

明日はこんなところに日本人がナミビア編です!我らが先輩が出演されます!

youtubeで見るのが楽しみ!

 

夜、先週ナミビアに到着した新隊員さん達からお電話をいただきました。

1年前は自分がナミビアに到着して、この頃はまだ首都にいたんだな〜と時の流れを感じます。

新しい方がみえて、ナミビアのことが伝えられるのもまた嬉しい!

お会いするのも楽しみです!