Enjoy every moment in Namibia

青年海外協力隊として、ナミビアで活動する約1年9か月

みなさまご無事でなにより

How cold the morning in Windhoek... 

We had a breakfast in Eros market. I used to be this name but I surprised at “Eros market” in the beginning. It’s just normal supermarket. 

Having chatting with other volunteers make me comfortable. 

 

At 10 o’clock, we finally left to airport to welcome my family and friends. 

I was nurvous because it’s been long time since I left Japan and this is the first time to get visitors from Japan for me. 

There are 9 visitors and they used different flight but they arrived Namibia safely!!  

f:id:fuca-0211:20180813053316j:image

I was really glad to see faces of my mother, my father and colleagues and friends. 

I’m very happy because they are in NAMIBIA now.

We finished currency exchanges, contracting rental cars, then we headed to Windhoek city. 

Wecould find Banboos(like monkies) and cows today. 

 

We stay Spea Bona backpackers today. I had booked 2 small rooms and 1 dormitory but my booking was forgotten. We have only 2 small room and 1 dormitory which has 9 person in a room. I appreciate no one coonplained about that. 

 

Today’s memoriable first dinner was Joe’s beer🍺 They said it’s like Disney land because interior display was cool and full of animals.

We are variety kinds of meats, for example Zebra, Kudu, Oryx and beef. 

I think they enjoyed.

f:id:fuca-0211:20180813053305j:image

I hope we will have fantastic, super enjoyable, unforgettable trip in Namibia! 

180て!!!

I don’t want to die...

I repeatedly thought about this today. 

I came to Windhoek from Rundu. 

The driver was very nice person but he is one of people who change their personality when they grab handle of cars. Normally he drove at 140, it gone to 180 sometimes. I was very scary. 

Anyway I arrived capital city. 

 

I saw a kudu, an oryx, springboxes, and warthogs(イボイノシシ). We can find some animals in Namibia even though we are just driving. I hope my visitors will be able to see a lot of animals in Namibia. 

Thay are coming to Namibia from Japan now. It’s only tomorrow! I can’t believe it! 

 

Today’s happy:) 

1. Shopkeepers in KFC in Rundu was very kind. 

2. I got a car to Windhoek without waiting any minutes. 

3. I heard the radio in a taxi at Windhoek. Then I understand it’s Rukwamgali! I asked the driver and he said he is Kavango. My Rukwangali listening skill is improving without realizing. 

 

今日は写真なしデーなので、

名前がんばって日本語で書いたの彼の写真とともに。

f:id:fuca-0211:20180812052154j:image

たいせつなものの絵をいよいよ来週交換するので、その前にそれぞれの写真を印刷してあげたらすごーく喜んでいた。

 

なーーーんっ

帰り道、出会った村人。

ソビーさんからもらったノンプンドゥ(甘酸っぱい木の実)があったので、ポケットから出してあげました。

なーーんっ!!

と言われました。

これはルカンガリで憤慨した時に使う。

ポケットからもっといいものが出てくるかと思ったら、なんだよ!ノンプンドゥかよ!ということですね。

最近は私も憤慨すると、なんっ!と言うのが癖になっています。

 

Finally I finished my last day in term 2.

It was very very busy fruitful day. 

First, I brought a Germany girl to the school today. She is visiting Bunya clinic and staying in mission. I incited her to see school whem we met before in mission. Teachers and My learners seemed happy when I brought her. My learners participated my lesson of revision well because of her presence. It’s nice to have a guest. 

 

f:id:fuca-0211:20180811055349j:image

I got few firewoods from grade 6 students today also. How great kids they are. 

 

f:id:fuca-0211:20180811055455j:image

And grade 12 learners went to bush by a truck to collect firewoods. There were a lot! I really appreciate these cooperation I got from teachers and learners. 

 

I finished all marking, finalizing results,  packing my staff, everything. 

I’m tired but I cannot wait day after tomorrow to meet my family and friends! 

The results of mathematics was not good, but it’s another story. They and I did well. 

持つべきものは、親しき輩

来週使う薪問題で朝から困っていたら、困った時のMs.アベル!ミッションのホステルファーザーに相談してやるから!とのことで、早速学校が終わってから、Ms.アベルの車でミッションへ!ホステルファーザーズに交渉してくれて、明日の10時にホステルファーザーズがトラックで学校に来て、Ms.アベルが担任しているグレード12の子たちがホステルファーザーズとそのトラックで薪を取りに森まで行ってくれることになりました!感謝感激すぎる!!本当に頼りになるMs.アベルであります。

 

でも今朝は嬉しいことがさらにありました。

f:id:fuca-0211:20180810052111j:image

今私の居候している図書室の前に置かれたファイヤーウッドたち。

一瞬で、6年生の誰かが集めてくれたのだとわかりました。なんとなく予想はつきましたが、うどんリーダーも務めてくれているマングンドゥちゃんでした、本当に嬉しくなります。うどん、さらに楽しみになってきました!!

 

f:id:fuca-0211:20180810052336j:image

今日初めて見た、野菜売りトラック!学校に来てました。近くの村の農家さんから来ているみたい。最高すぎる!

うどんに使うようのにんじん大漁と、ねぎ、トマトを買いました。これがあればあんまり町に行かなくてすむ!

 

f:id:fuca-0211:20180810052448j:image

今日は珍しく夜に停電。なかなか戻らないので、今晩はずっと停電かもしれません。なにやら女の子たちがキャーキャー楽しそうにしているのがきこえます。

暗い中、たいせつなものの絵の写真を今日印刷したので、裏にメッセージをかきかき。今タームも残すところあと1日!

薪はナミビアでもそう簡単に手に入らない

きのう算数のテストの丸つけをして、金曜のテストはかなりの点を取らないとまずい!という子もいるので、今日から毎日復習をすることにしました。15分くらい。みんなはその日の教科も勉強をしているわけですが、15分だけ算数やろう。英語の問題が分かっていない!ということがわかったので、おニューのフラッシュカードも作って、こういう問題ならこう答える、という練習をしてみた。これも継続が大事なり。

はて、今日は試験監督もなく、いろい、と仕事ができました。

訪ねてきた6年生のうどんボランティアの子が、センセーいつFire wood 取りに行くのーと聞いてくれたので、じゃあ今日行こう!と、午後は張り切っていた。

6年生で午後の自習に来ていた子は少なかったですが、みんなでよし行くぞー!と出かけたものの、はてな、薪はどこにあるのだ?とりあえず学校の奥の方へ行ったけれど、ないよーここにはないよーセンセーもっと奥のブッシュへ行かないとー、と。では行くかと、フェンスの鍵をもらいに行ったら、秘書の人に、ブッシュまで薪を取りに行くなんて遠すぎるわ!無理!と一刀両断されました。そうなのか、、。ちょっと行けばいくらでも薪はあるものなのかと、思い込んでいました、、。ごめんよ、子どもたち。子どもたちは、えー、そんなに遠くないよ行こうよーと言っていましたが、彼らの遠くないは、私の果たしなく遠いだと思うので、今日は諦めました。

さて、どうする、薪。来週に企んでいるうどんパーチーinブンヤには、薪が不可欠です。それも大量。。

秘書の方が知り合いの方に聞いてくれることになりましたが、明日の職員会議でもお知恵を借りるべくみなさんに聞いてみたいと思います。

f:id:fuca-0211:20180809033156j:image

今日も学校に来ていたゴミ収集車。各クラスや学校から出たこのゴミたちは、ルンドゥ近くのゴミ捨て場に運ばれるようです。こういうところ、意外とちゃんとしてる。週1で回収に来てくださっているらしい。

f:id:fuca-0211:20180809034328j:image

お昼は学校前のブンヤミニマーケットにて、ファットケーキと揚げたお魚。

まったりです。

さて、今週もあと2日。

やることどんどん片付けていかねば!!

Karunga akutungike!!

丸つけに追われる日々。

疲れた!

今日は算数の1個目のテスト。

6Bと6Aで、丸をつけている時の安心感が違います。というのはわかっていたので、なかなか難しい状況の6Bから丸つけをしました。うーーん、という結果。

6Aは教えるのが2年目の子が多いのもあるのかないのか、だいぶ話が通じて彼らにとっての理解が進んでいるように思います。この感覚は教えるのが2年目の今だからこそ。継続して1つの教科を同じ相手に教えるというのも、変化が感じられて面白いです。日本では担任制で1年過ぎたら変わってしまうことが多いので。

今日は算数の復習もして、さて、教室を出るか、という時に、

Karunga akutungike!! 

とこの男の子が言ってきました。

f:id:fuca-0211:20180808052110j:image

何のことかわからず聞いたら、

God bless you!! 

ということだそう。神のご加護がありますように、的な感じかな?

それをさらっと別れ際に言えるところ、ナミビア。すてきだなぁ。

かるんが あくんとぅんぎけ!

クリスチャンではありませんが、これは覚えて使ってもいいなぁ。

 

まぁとにかく先週ワークショップで1週間いなかったことによる仕事の積もりや、採点や、来週の旅行およびうどん会の準備など、いっそがしい今週です。

体力温存。寝よう。

おやすみなさい!

何気ない毎日に感謝

きのうは悔しい悔しい悔しいが頭の中にいっぱいで、スネて寝ました。

何が悔しいかというと、理科のテストの結果です。

先週まるっとワークショップに行っていたので、いつもはテスト期間でも合間の時間を使ってぎりぎりまでする復習ができませんでした。

こうなるだろうとは思っていたのですが、予想以上に悔しい結果でした。

特に、英語の苦手な5A。英語ができる子はよくできていても、できない子は散々でした。

 

そんな感じで寝て、次の日起きて、きのう近くの村の隊員に聞いた話を思い出す。その隊員の学校で、6年生の男の子が亡くなったそうです。原因はわからないらしい。今日はお葬式のようです。

ということを思い出して、理科の結果が悪くとも、彼らは今生きているのであって、理科のテストの結果の1つや2つくらい、彼らが元気に生きているのであればそんなに気にすることもないか、と思いました。

何気ない日常に感謝させられる話でした。

 

今日はなんだか日本の友達と話していて、私とのやりとりに感謝されることが多かった。それも嬉しかったです。みんながみんなにではなくても、そういう人や子どもが少しでもいたら嬉しいです。

 

うちの窓からの風景。向こうは病院。

猫が4匹もいた!🐈🐈🐈🐈

f:id:fuca-0211:20180808051532j:image